ユーザーミーティング便り

ジーシーインプラントミーティング2018 in 東京
~デジタルデンティストリー時代における、患者コミュニケーションの再考~

1月14日(日)、本郷のジーシーコーポレートセンターにて、年明けの恒例行事となっております「ジーシーインプラントミーティング2018 in 東京」が開催され、会場は満員の参加者で盛会となりました。
本会では「デジタルデンティストリー時代における、患者コミュニケーションの再考」と題しまして、ドクターセッションとテクニシャンセッションを同時開催いたしました。5名の講師には、過去の症例を紐解いていただきながら現在、そして期待される未来のインプラント治療についてご講演いただきました。

石川 明寛 先生
東京都大田区
石川歯科医院

松田 哲 先生
東京都渋谷区
明海大学PDI東京歯科診療所

二宮 佑介 先生
東京都渋谷区
ニノデンタルオフィス

谷口 陽一 先生
北海道札幌市
谷口歯科医院

高橋 健 先生
神奈川県川崎市
Dental Laboratory Smile Exchange
歯科技工士

ご講演内容 ドクターセッション

石川 明寛 先生

「改めて学びたいガイデッドサージェリーの基礎から応用まで」
昨年よりジーシーインプラントにラインナップされた、iCAT社ランドマークシステムを用いたガイドシステムを活用したインプラント治療や、ガイデッドサージェリーならではの注意点についてご解説いただきました。


松田 哲 先生

「患者の痛みをコントロールする~15年のインプラント治療を通じたトラブル対応~」
15年以上のインプラント治療経験を通じて体験したトラブルなどについてご解説いただきました。特に患者さんの痛みの少ない浸潤麻酔や術後の疼痛管理など、すぐに役立つアドバイスを惜しげもなくご披露いただきました。


二宮 佑介 先生

「Interdisciplinary approach for complex patients」
複雑な症例に取り組む際にドクターが何をするべきかという問題をご提示いただき、治療の指針となる様々な基準をご解説いただきました。患者さんの本当の笑顔を取り戻すためには、デジタル技術の進歩だけでは不十分であり、ドクターの適切な診断が不可欠であるとまとめていらっしゃいました。


谷口 陽一 先生

「インプラントAadva®と Aadva™CAD/CAMシステムの 臨床応用」
インプラント治療における人間と機械の融合というテーマでご講演いただき、CAD/CAM特有の印象採得について勘所をお示しいただきました。また、講演の半ばからは、(株)ケン・デンタリックス宮澤様にバトンタッチして、インプラントブリッジ作成時に発生しやすいトラブルとその回避方法をご解説いただきました。


ご講演内容 テクニシャンセッション

高橋 健 先生

「インプラント上部構造における構造設計とAadvaシステムを用いた デジタル コミュニケーション」
ドクターとの口腔内写真をクラウド上で共有するなど、治療のゴールに向けたコミュニケーションにデジタル技術を活用する具体例を示していただきました。後半のCAD/CAMデモンストレーションでは、弊社のAadva scanを用いてアバットメント作成時の勘所を解説していただきました。


バックナンバー