ジーシーインプラント Re Plus

ジーシーインプラントReⅤ(ジェネシオPlus、セティオPlus)は、より高い骨結合を追求し新しい表面性状を開発、良好なオッセオインテグレーションの実現に成功しました。ここでキーとなったのが、「Aanchor surface」です。
「Aanchor surface(アンカーサーフェス)」とは、ジーシーの骨代謝研究に基づいて確立された表面性状です(図1~3)。「Aanchor surface」のミクロ及びマクロな二重凹凸構造は、血液中に含まれる血小板やフィブリン線維が絡みやすく、 また、これらの凹凸に沿って骨組織が形成されることにより、良好なオッセオインテグレーションが期待されます。
“Aanchor”とは船を固定する錨(いかり)を意味する“anchor”を語源とし、しっかりと固定される イメージをオッセオインテグレーションになぞらえ、それが高いレベルで達成されることを形容して語頭に“A”を付しています。

図1:表面性状
図1:表面性状
図2:血小板とフィブリン線維の付着
図2:血小板とフィブリン線維の付着
図3:骨芽細胞の増殖
図3:骨芽細胞の増殖

ジェネシオPlus インターナル / セティオPlus エクスターナル

セティオPlus エクスターナル
セティオPlus エクスターナル

■材質:純チタン(ASTM F Grade4)、チタン、鉄(ジェネシオ、セティオ共通)
※Φ3、Φ3.4はチタン合金(Ti-6Al-4V)

■径種:ストレート

長さ
Φ3 8mm 10mm 12mm 14mm
Φ3.4 8mm 10mm 12mm 14mm

Φ3.8 6.5mm 8mm 10mm 12mm 14mm 16mm
Φ4.4 6.5mm 8mm 10mm 12mm 14mm 16mm
Φ5 6.5mm 8mm 10mm 12mm 14mm 16mm

■テーパー

長さ

Φ3.8 6.5mm 8mm 10mm 12mm 14mm
Φ4.4 6.5mm 8mm 10mm 12mm 14mm

特徴1全面粗面とハイブリッドのラインナップ
選べる4種類のrough-surface

特徴2カラー部に配置したmicro-grooveが、周囲骨への応力を分散

骨縁部にかかる過度の応力を分散。カラー部の骨吸収抑制が期待されます。

特徴3回転角60度ごとの新嵌合方式により、高い嵌合精度とスムースな操作性を両立

ジェネシオPlus、セティオPlus共に60度ごとの嵌合で、フィクスチャ―ドライバーによる埋入やアバットメント装着時の操作性が向上しています。

セティオPlusは、マウントレス化するため、ヘックスコーナーにドライバーと合わせた溝を新たに設けました。
※ジェネシオPlus、セティオPlus共にPlus専用のフィクスチャ―ドライバーが必要です。

特徴4多様なケースに対応するカッティングエッジ

先細り形状のカッティングエッジは、パイロット機能により安定した埋入が可能です。初期固定の得にくい骨量、骨量においても小さな埋入窩に先細り形状のカッティングエッジがしっかり噛み込み、確かな初期固定が獲得できます。

特徴5適応症の拡大

■ショートインプラント より低侵襲な治療を実現する6.5mm

■ナローインプラント 骨幅が狭いケースに適したΦ3.4・Φ3