学術論文・エビデンス

NEW

2016.7.8 〜 7.10 開催

日本補綴歯科学会第125回学術大会

成長過程における児童の最大舌圧と口腔・身体機能との関連

藤原茂弘、小野高裕、掘 一浩、山本雅章、田中佑人、來田百代、徳田佳嗣、菊井美希、
村上和裕、前田芳信、津賀一弘、増田裕次

エビデンスを読む

NEW

2016.6.26 開催

第31回日本歯科産業学会学術講演会

高濃度微細炭酸カルシウム配合歯磨剤を音波歯ブラシで使用した時のステイン除去能と侵襲性の評価

高山和人

エビデンスを読む

NEW

2016.6.22 〜 6.25 開催

I.A.D.R.

Is Cellular Distribution Crucial Factor for Bone Augmentation?

坂井裕大

エビデンスを読む

NEW

2016.05.28 〜 05.29 開催

日本デジタル歯科学会第7回学術大会

CAD/CAM冠接着におけるセメント厚さ及び繰り返し荷重による接着耐久性への影響について

南澤博人、有田明史、熊谷知弘

エビデンスを読む

NEW

2007.6 発行

日本歯周病学会会誌 第49巻 第2号 2007年6月

音波歯ブラシのプラーク除去効果について

鈴木崇夫、望月 悟、山本祥子、宮下 元、山本松男

エビデンスを読む

2011.09.15 発行

東京都歯科医師会雑誌 第59巻 第9号 2011年9月

先進医療に導入されたチェアサイドで簡便に行える咀嚼機能検査

志賀 博、小林義典

歯科臨床は、損なわれた咀嚼機能の回復とその維持を主な目的として標榜してきたが、肝心な咀嚼機能の診断は、一般に主観的または経験的な評価に拠っているのが現状である。もちろん、食品摂取のアンケート調査、咀嚼能力、咬合力、咬合接触面積、咀嚼筋筋活動、咀嚼運動などの分析が試みられ、少なからぬ成果も報告されているが、操作や分析の煩雑性、装置の経済性、あるいは分析の妥当性や信頼性の面などでさらなる検討の余地が残されている。

論文を読む

2016.04.16 〜 04.17 開

平成28年度春季第67回日本歯科理工学会学術講演会

新規ガラスセラミックス『イニシャルLiSiプレス』に対するセルフアドヒーシブレジンセメントの接着性能評価

菅原彩香、福島庄一、熊谷知弘

エビデンスを読む

2016.04.16 〜 04.17 開催

平成28年度春季第67回日本歯科理工学会学術講演会

加熱加圧型リチウムシリケートガラスセラミックスの化学的耐久性

横原隼人、熊谷知弘

エビデンスを読む

2016.03.16 〜 03.19 開催

A.A.D.R. ANNUAL MEETING LOS ANGELES, CALIF.

Physical Properties of New High-strength Lithium-disilicate Press Ceramics

G.Mashio, D.Mori, T.Fujimoto, M.Yoshinaga, M.Yokohara, T.Hoshino, T.Miyake, T.Sato, T.Kumagai

エビデンスを読む

2016.03.16 〜 03.19 開催

A.A.D.R. ANNUAL MEETING LOS ANGELES, CALIF.

Evaluation of bonding durability to CAD/CAM crowns

A.Fujimi, S.Fukushima, A.Arita, T.Kumagai

エビデンスを読む

2016.03.16 〜 03.19 開催

A.A.D.R. ANNUAL MEETING LOS ANGELES, CALIF.

Evaluation of translucency for a new clear silicone material

Makoto Takahashi, Takayuki Ueno, Futoshi Fusejima, Tomohiro Kumagai

エビデンスを読む

2015.11 公開

日本歯科理工学会誌 Vol.34 No.6 445-446ページ

ジーシー G-プレミオ ボンド

本多 弘輔、有田 明史

エビデンスを読む

2015.11.22 〜 11.23 開催

平成27年度 第26回日本歯科審美学会学術大会

高濃度微細炭酸カルシウム配合歯磨剤のステイン除去能力と歯質への侵襲性の評価

高山 和人、加藤 伸一、横沼 久美子、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2015.11.12 〜 11.13 開催

日本歯科保存学会平成27年度秋季学術大会(第143回)

「G-プレミオ ボンド」の水分量及び脱灰力の評価

坂本 美由紀、有田 明史、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2015.11.12 〜 11.13 開催

日本歯科保存学会平成27年度秋季学術大会(第143回)

修復用グラスアイオノマーにおけるナノフィラー含有レジンコーティング材の有用性

吉満 亮介、福島 庄一、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2015.10.17 〜 10.18 開催

日本歯科技工学会第37回学術大会

新規技工用シリコーンパテの評価

上之薗 佳也、中瀬古 恒、伏島 歩登志、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2015.10.17 〜 10.18 開催

日本歯科技工学会第37回学術大会

技工サイドにおける新規常温重合レジンの有用性と諸特性

道井貴幸、有田明史、熊谷知弘

エビデンスを読む

2015.10.07 〜 10.10 開催

ADM 2015

Evaluation of Wear Resistance of Coating Materials on GI Restorative

Y. Shimada,K. Yamamoto,S. Fukushima,T. Kumagai

エビデンスを読む

2015.07.01 〜 07.05 開催

The 62nd Congress of the European Organisation for Caries Research (ORCA 2015)

Physical Properties of Dental Fluoride Varnishes

Y.SHIGEMITSU, S.KATO, Y.ISHIHARA, K.YAMANAKA, T.KUMAGAI and D.Manton

エビデンスを読む

2015.08.01 開催

日本歯科産業学会第30回学術講演会

ジーシーCAD/CAM冠セラスマートシステムの臨床的有用性

藤見 篤史、福島 庄一、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2015.01 公開

Dental Materials Journal 2015;34(1):78-85

Seeding of mesenchymal stem cells into inner part of interconnected porous biodegradable scaffold by a new method with a filter paper

Katsuyuki YAMANAKA,Katsushi YAMAMOTO,Yuhiro SAKAI,Youko SUDA,Yusuke SHIGEMITSU,Tadashi KANEKO,Koichi KATO,Tomohiro KUMAGAI and Yukio KATO

An appropriate physical support provided by scaffolds creates a supportive environment that directs proliferation and differentiation of stem cells. However, it is difficult to homogenously inoculate stem cells into the inner part of scaffolds at high cell densities. In this study, mesenchymal stem cells were seeded into a hydroxyapatite/poly (D, L-lactic-co-glycolic acid) (HAP/PLGA) scaffold that had enough mechanical strength and porous 3-D structure. With an aid of a filter paper placed under the bottom of a HAP/PLGA block, the cells suspended in a culture medium flowed from the top to the bottom through interconnected pores in the scaffold, and distributed almost homogenously, as compared to cell distribution near the surface of the block by the conventional method using centrifugation or reduced pressure. This simple method with a filter paper may be useful in preparation of cell-scaffold complexes for tissue engineering.

論文を読む

2015.06.27 〜 06.28 開催

第33回日本顎咬合学会学術大会

新規開発コンポジットレジンの臨床における有用性

庄司 拓未、上野 貴之、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2015.06.27 〜 06.28 開催

第33回日本顎咬合学会学術大会

超透光性ジルコニアの物性評価

吉永 匡寿、佐藤 拓也、伏島 歩登志、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2015.06.27 〜 06.28 開催

第33回日本顎咬合学会学術大会

CAD/CAMレジンブロック冠接着における、繰り返し荷重及び熱サイクルによる接着耐久性への影響について

南澤 博人、福島 庄一、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2015.06.27 〜 06.28 開催

第33回日本顎咬合学会学術大会

新規高透明性シリコーン材料の透明性評価

橋 慎、太田 幸、伏島 歩登志、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2015.06.25 〜 06.26 開催

日本歯科保存学会平成27年度春季学術大会(第142回)

新規接着システムG-Premio BONDの接合界面の観察と臨床応用

陶山 雄司、山田 敏元、森上 誠、宇野 滋、杉崎 順平

エビデンスを読む

2015.06.25 〜 06.26 開催

日本歯科保存学会平成27年度春季学術大会(第142回)

新規1ステップ接着材の処理時間が微小せん断接着強さに及ぼす影響

島田 康史、三田 郁美、手塚 弘樹、堀江 圭、荒牧 音、田上 順次

エビデンスを読む

2015.06.25 〜 06.26 開催

日本歯科保存学会平成27年度春季学術大会(第142回)

セラミックスに対する表面処理がユニバーサルアドヒーシブの接着性に及ぼす影響

辻本 暁正、野尻 貴絵、植田 浩章、飯野 正義、高見澤 俊樹、宮崎 真至、青島 裕

エビデンスを読む

2015.06.25 〜 06.26 開催

日本歯科保存学会平成27年度春季学術大会(第142回)

新規チオリン酸エステルモノマー配合ボンディング材の象牙質接着性能

松本 真理子、川口 明日香、東 真未、三浦 治郎、嶺 篤史、矢谷 博文

エビデンスを読む

2015.06.25 〜 06.26 開催

日本歯科保存学会平成27年度春季学術大会(第142回)

新規1ボトル1ステップボンディングシステムの象牙質知覚過敏症罹患モデル象牙質に対する接着性

岩田 有弘、村田 文子、三木 秀治、津谷 佳代、井村 和希、吉川 一志、山本 一世

エビデンスを読む

2015.06.25 〜 06.26 開催

日本歯科保存学会平成27年度春季学術大会(第142回)

「MIグレースフィル」と「G-プレミオボンド」を用いた歯質に対する接着性評価

加藤 大智、有田 明史、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2015.05.30 〜 05.31 開催

日本補綴歯科学会第124回学術大会

新規硬質レジンにおけるデンチン及びエナメルの光学的特性

高田 大輔、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2015.05.30 〜 05.31 開催

日本補綴歯科学会第124回学術大会

歯面処理材及び処理方法によるセルフアドヒーシブレジンセメントの歯質接着性への影響

菅原 彩香、福島 庄一、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2015.05.30 〜 05.31 開催

日本補綴歯科学会第124回学術大会

新規メタルプライマーの金属,ジルコニアに対する接着強さ

石塚 創、 熊谷 知弘

エビデンスを読む

2015.05.30 〜 05.31 開催

日本補綴歯科学会第124回学術大会

シリコーン系軟質裏装材の耐久性評価

中瀬古 恒、上之薗 佳也、蒲原 敬、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2015.05.21 〜 05.22 開催

第53回日本小児歯科学会大会

処理時間短縮を実現した新規ワンステップボンディング材「G- プレミオ ボンド」の接着性能

本多 弘輔

エビデンスを読む

2015.05.14 〜 05.16 開催

ConsEuro 2015, London, UK

Evaluation of hardness increase of GIC restorative surface in saliva

Y.SHIMADA, Y.HOKII, K.YAMAMOTO, S.FUKUSHIMA, T.KUMAGAI

エビデンスを読む

2015.04.11 〜 04.12 開催

第65回日本歯科理工学会学術講演会

技工用シリコーンパテにおける補綴物の表面粗さ評価

上之薗 佳也、中瀬古 恒、伏島 歩登志、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2015.04.11 〜 04.12 開催

第65回日本歯科理工学会学術講演会

セメント層の厚みがレジンセメントのCAD/CAMレジンブロックに対する接着耐久性に及ぼす影響

藤見 篤史、福島 庄一、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2015.04.11 〜 04.12 開催

第65回日本歯科理工学会学術講演会

CAD/CAMハイブリッドレジンブロックの耐摩耗性

高木 暢人、中山 瑞樹、上野 貴之、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2015.03.11 〜 03.14 開催

93rd IADR,Boston,U.S.A.

Bone Augmentation Using 3D Cultured Chondrocytes in Deggerent Sites

Y.SHIGEMITSU、K.YAMANAKA、Y.SAKAI、Y.SUDA、T.KUMAGAI

エビデンスを読む

2014.12.13 〜 12.14 開催

第33回日本接着歯学会学術大会

新規ワンステップボンディング材の歯質接着力に及ぼす処理時間短縮の影響

加藤 大智、 有田 明史、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2014.11.29 〜 11.30 開催

日本顎顔面インプラント学会学術大会

インプラント周囲炎診断における唾液内歯周病原細菌検査の有用性

木津 康博、岩崎 美和、牧野 盛太郎、澤田 光弘

抄録を読む

2014.11.29 〜 11.30 開催

日本顎顔面インプラント学会学術大会

インプラント周囲メインテナンスへの唾液内歯周病原細菌の影響

岩崎 美和、牧野 盛太郎、澤田 光弘、木津 康博

抄録を読む

2014.11.22 〜 11.23 開催

第25回日本歯科審美学会学術大会

セルフアドヒーシブレジンセメントの耐摩耗性とジルコニアに対する接着耐久性

藤見 篤史、福島 庄一、伏島 歩登志、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2014.11.22 〜 11.23 開催

第25回日本歯科審美学会学術大会

新規超高透光性ジルコニアの光透過性評価

吉永 匡寿、太田 大介、伏島 歩登志、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2014.10.31 公開

日本歯科保存学雑誌vol.57(2014)No.5

A Three-year Follow-up Study for Levels of Salivary Streptococcus mutans and Streptococcus sobrinus from Japanese Adolescents by Quantitative Real-time PCR

Yoko Ishihara

Purpose: The purpose of this study was to investigate changes in Streptococcus mutans and Streptococcus sobrinus levels in saliva using TaqMan real-time PCR, once when the subjects were aged 12-13 years, and again 3 years later when the subjects were aged 15-16 years, in order to gain insights into caries prevention during adolescence.
Methods: The subjects were 88 Japanese adolescents (46 boys and 42 girls) in their first year of Tsurumi Junior High School in 2010, and in their first year of high school in 2013. Stimulated saliva was collected, and salivary S. mutans and S. sobrinus levels were obtained by real-time PCR. DMFT scores were also examined.
Results: Neither S. mutans nor S. sobrinus had formed colonies in 32 students (36.4%) at age 12-13 years, and remained undetected (<103 cells/ml) in 24 of these students (75%) 3 years later. These results suggested that individuals in whom S. mutans and S. sobrinus have not formed colonies by age 12-13 remained non-carriers (<103) for 3 years. In 9.1% of students, bacteria were detected in 2013 only, possibly due to horizontal transmission. In 5.7% of students, S. mutans and S. sobrinus were only detected in 2010, suggesting that transient flora had been detected. In 57.9% of students, bacteria were detected at both time points, indicating possible colonization. DMFT scores in S. mutans and S. sobrinus carriers tended to be higher than in non-carriers.
Conclusion: This study demonstrated the importance of inhibiting S. mutans and S. sobrinus colonization to prevent dental caries. As two or more bacterial tests must be conducted in order to determine S. mutans and S. sobrinus colonization, it is recommended that such bacterial tests be conducted at a dental clinic or during school health check-ups.

論文を読む

2014.10.30 〜 10.31 開催

日本歯科保存学会平成26年度秋季学術大会(第141回)

CAD/CAM用レジンブロック材料の表面処理方法の違いによるセルフアドヒーシブレジンセメントの接着耐久性への影響

南澤 博人、福島 庄一、伏島 歩登志、熊谷知弘

エビデンスを読む

2014.10.08 〜 10.11 開催

The Academy of Dental Materials

Development and evaluation of new extra high translucent Zirconia

M.Yoshinaga、D.Ohota、T.Sato、F.Fusejima、T.Kumagai

エビデンスを読む

2014.10.04 〜 10.05 開催

平成26年度秋季日本歯科理工学会学術講演会(第64回)

ジーシールーティングVErsaの理工学的特性

田中 宏治、福島 庄一、伏島 歩登志、熊谷 知弘

エビデンスを読む

2014.10.04 〜 10.05 開催

平成26年度秋季日本歯科理工学会学術講演会(第64回)

次世代急速加熱型石膏系埋没材による鋳造体の適合精度に関する評価

福島 恵美子、森 大三郎、熊谷 知弘

エビデンスを読む

ページ上部へ戻る