DR営業

トップページ > GCの仕事 > DR営業

成熟段階に突入したインプラント市場で
売上を伸ばし続ける秘密。

インプラントとは
虫歯や歯周病によって、歯を失うことがあります。その歯のない部分の顎の骨にチタン製のボルトを埋め込み、そのボルト上に義歯を付ける治療法がインプラント治療です。わたしは、このインプラント治療に用いるチタン製のインプラント本体、義歯を取り付ける土台、義歯、この3つを歯科医の先生方に紹介・提供する仕事を担当しています。インプラントは従来の方法に比べ義歯(入れ歯)を確実に固定できる点が評価され、近年日本でも急速に普及してきました。ところが、インプラント市場はわたしが入社した2008年にピークを迎え市場そのものは成熟期間に入っています。同業他社が売上を減らしている中、わたしたちジーシーの製品は継続的に売上を伸ばし続けています。その秘密は、右肩上がりの時期にも売上拡大至上主義をとらずに、堅実な販売方法を選択し実践してきたからです。

ジーシーの営業とは
歯科医の先生方にジーシー製のインプラントについてしっかりと理解していただいた上でご採用いただく。これが今までもこれからもジーシーが取り組む堅実な販売方法。もちろん採用いただいた後も学会や講演会の案内をはじめ、先生方に積極的に情報を提供し、インプラント治療についての経験を深めていただきます。こうした努力がわたしたちへの信頼に繋がり、ジーシーのインプラントの特徴を十分に理解した先生が親しい別の先生を紹介してくださり、ジーシー製インプラントのネットワークが広がっていく。成熟市場にあって依然売上拡大が続いている秘密がここにあります。

オンもオフも楽しめる環境
ジーシー製のインプラントをお奨めする上で大切なのは、製品への信頼感であると同時に担当者であるわたし自身への信頼感であると考えています。信頼感醸成のベースとなるのは、約束を守る、事実ベースでお話しをするなど、ごくごく当たり前の行動。幸い、わたしたちの会社は「相手を思いやる」「人間関係を築く」ということに非常を大切にします。現場の担当者に対して「なにがなんでも売れ」というような過大な押しつけはまずありませんし、なにより誠実さ、堅実さが評価されます。そうした社内環境のせいか、歯科医の先生方とも伸び伸び接することができますし、公私にわたって仲良くなることも少なくありません。また仕事を終えた後あるいは休日も社員同士で飲みに行ったり、海外旅行に出かけたりすることもたびたび。オンもオフもなかまと過ごす時はリラックスできて最高です。