Q & A

トップページ > GCの採用 > Q & A

よくあるご質問一覧

社名のGCって、何の略ですか。

General Chemical の略です。1921年(大正10年)に東京帝国大学応用化学科を卒業した3人の青年がジーシーを設立したのですが、彼らは米国のGMやGEという世界的な大企業の社名にヒントを得てGC(ヂーシー化学研究所)という、当時としては斬新な社名をつけたのです。歯科材料が外国製品の独断場であったこの時代、創業者達が新事業に託した大きな願望がこめられた社名です。

御社はどんな社風なのですか。

ひと言にまとめると「社員同士が仲の良い」会社です。
創業者の一人である中尾清は社員を「上下の差別なく、すべての者が互いに敬愛する同志だ」と言いました。その考えは現在も受け継がれており、社員同士気さくでフレンドリーな雰囲気に満ちています。もちろん仕事上のことで辛い思いをしたり、怒られたりすることもあるでしょう。しかし縁あってジーシーに入社をし、汗水流して働く人は、同志・なかまである、これが今までの歴史の中で培われてきたジーシーの社風なのです。

御社の離職率を教えて下さい。

世間では若い人の離職率の高さが問題となっていますが、ジーシーにおいてはそのようなことはありません。過去3年間に入社した新卒の大卒者で退職した人は5.1%です。

技術職志望なのですが、修士でないと難しいでしょうか。

そのようなことはありません。ジーシーでは修士、学士で区別することはありません。歯科そのものについてはゼロからのスタートという点で、両者に大きな違いはないからです。ただ、修士・学士に関わらず「ものづくり」に携わりたいという気持ちを強く持って志望していただきたいと考えています。

文系の営業志望なのですが、大丈夫でしょうか。

全く問題ありません。当社の営業は文系出身者が多数を占めます。また、歯科の知識がなくとも、社内に歯科やそれに関わる製品知識習得のための研修・教育が豊富に用意されています。勉強しようという姿勢があれば誰でも立派な歯科医療業界人になれます。

理工系の営業志望なのですが、やはり技術職になるのでしょうか。

理工系の営業志望の方も歓迎します。理工系としての強み(化学や電気・機械の知識)を仕事で活かせる場面もあると思います。ただ、採用基準はあくまでも文系営業志望者と同じです。ジーシーの営業員としてどのくらい活躍していただけるかという視点で選考を行います。

海外関係の仕事がしたいのですが…

当社は海外展開に注力してはいますが、実際に海外駐在する日本人は比較的少ないです。しかし、2013年にはスイスへ海外統括本部ができ、日本人が10名ほど派遣されています。また国内にも海外とやり取りをする職種は数多くありますし、研究開発部門では文献や講演会、海外のなかまとのメールでのやり取りなどで外国語を使う機会も多くあります。
海外の売上が右肩上がりで成長している中、語学力の必要性はますます高まっています。
ただし、語学だけできても仕事はできません。入社後数年間は、まず製品知識を習得し、技術職または営業職としての力をつけることが先決です。

社宅や家賃補助制度はあるのでしょうか。

ジーシーには賃貸住宅制度があります。これは社員の持家取得促進のための制度で、原則として親元から勤務地までの通勤時間が2時間以上かかる場合、会社から決まった額の家賃補助が受けられます。補助金額は勤務地により異なりますが、職務等級や家族構成に応じて設定されます。