品質

トップページ > GCの特徴 > 品質

世界最高水準を誇るマザー工場

富士山のふもとにあり広大な敷地を持つ富士小山工場。自然との調和を大切にしたこの工場で多くの製品を製造し、国内・海外へお届けしています。
第一に掲げているのは「絶対品質」。お客様にとっての不良ゼロへ向けた様々な取り組みを独自に行っています。工場のいたるところに高品質を保つための知恵が張り巡らされ、高度な検査体制とクリーンな製造体制が確立されているのです。そんな工場が掲げるVisionは「2021年に世界No.1の歯科工場になること」。工場に集うなかまの徹底した品質へのこだわりが、ジーシー製品の安全性・信頼性を支えています。

独自の品質経営で世界一を目指す

ジーシーは世界中の人々に真の健康を提供するため安全性・有効性を核にした「品質」を第一に掲げた製品づくりを行っています。その中核を成すのがGQM(GC's Quality Management)です。GQMとはジーシー独自の品質マネジメントの総称です。より安全で効果の高い製品を市場に提供するために「お客様満足の向上、人と組織の活力向上、仕事の質の向上」を柱に全社的なマネジメントを推進しています。その要となるVision経営は、会社や各部署、個人の「目指すべき姿」を明確にするもので、ジーシーのなかま・組織は個々のVisionを掲げて活動しています。現在のジーシーのVisionは創業100周年に当たる2021年に「健康長寿社会に貢献する世界一の歯科企業」になること。ジーシー社員はこのビジョンの達成に向けて日々活動しています。

ジーシーグループの品質活動のあゆみ

1967年 品質管理方式(QCシステム)を導入。
1981年 総合的全社品質管理活動 GQC(GC's Quality Control)を推進。
※GQCとはジーシー独自の全社的品質管理への取り組みの総称。
1994年 ISO9001認証取得(業界初)
GCB(ベルギー) ISO9002認証取得
1995年 GCA(アメリカ) ISO9001認証取得
ジーシーデンタルプロダクツ ISO9002認証取得
GQCからGQM(GC's Quality Management)へ発展させる。
1998年 ISO 14001認証取得(業界初)
2000年 デミング賞実施賞受賞(業界初)
2003年 ジーシーデンタルプロダクツ デミング賞実施賞受賞
2004年 ISO13485認証取得
日本品質管理賞受賞
大成歯科工業日本品質奨励賞受賞
2005年 ジーシーアサヒ 日本品質奨励賞受賞
2006年 ジーシーデンタルプロダクツ 日本品質管理賞受賞
2009年 QCサークル経営者賞「経済界」誌 敢闘賞受賞
2010年 而至歯科(蘇州)有限公社 中国初デミング賞受賞
品質経営度調査 3位
2012年 品質経営度調査 6位
中尾社長デミング賞本賞受賞
2014年 品質経営度調査 2位