特集2 価値提供の場「カムリエ」の取り組み

  1. トップ
  2. CSR報告書2017
  3. 特集2 価値提供の場「カムリエ」の取り組み

特集2 価値提供の場「カムリエ」の取り組み。生きる喜びの基本は食べること。いつまでもおいしさを楽しめる生活のために。

噛むこと、食べることの色々な提案を通じて、健康長寿社会に貢献します。

噛むこと、口から食べることにこだわるお店。それがカムリエ。当たり前のことのように聞こえるかもしれません。しかし、超高齢社会のいま、噛むことができず、流動食や介護食、点滴による栄養補給に頼らざるを得ない方が増加しています。カムリエは、そんな高齢者やお口の機能が低下した方に、噛む楽しさ、おいしい食事を楽しめる生活スタイルを提案するお店です。食のQOL*を向上させ、暮らしを豊かにする。健康長寿社会に貢献するジーシーの新しい試みです。
* QOL:Quality of Lifeの略語で、「生活の質」。人間らしく満足して生活しているかを評価する考え方。

第一線の食と歯科のプロが、食べやすく、飲み込みやすい食事を提案。

カムリエとは、「食事のおいしさ・食べることを伝える人、場所」という意味の造語。その名の通り、ここには噛む楽しさ、食べる喜びをサポートするさまざまな専門家がいます。ジーシーのプロデュースのもと、第一線で活躍するパティシエや、管理栄養士、歯科衛生士などが協力しあって、誰もが食べやすく、飲み込みやすい食事を考案し、提供します。また、外部の歯科医療チームによる医療サポートや、ジーシーが歯科企業として蓄積した技術・情報を活かした口腔ケアのノウハウも提供。食と歯科の専門家のコラボレーションが、噛むこと、食べることの楽しさ、おいしさをすべての人にお届けします。

介護が必要な方でも、ご家族と一緒に食事を楽しむために、噛む力・飲み込む力を5段階で評価。

カムリエではまた、歯科大学で専門的な研究をされている歯科医師の協力のもと、噛む力・飲みこむ力のレベルごとに5段階の基準を作成し、スイーツなどの開発や料理教室に活かしています。
口腔機能が低下した方は、のどに詰まりやすいお餅はもちろん、口の中での水分を奪うカステラやスポンジ生地などは飲み込むことが難しくなります。こうしたお口の状態にあわせたメニューや調理法を開発し、介護が必要な方でもご家族と一緒に楽しめる、料理やお菓子づくりを可能にしました。こうした活動が評価され、カムリエは「2014年度グッドデザイン賞」を受賞しています。

料理教室からオーラルケアまで。4つの機能で新しい価値を発信します。
EASY SWEETS[イージースイーツ]

世界で活躍するパティシエ辻口博啓氏が歯科医療の専門家とともに開発した、飲み込みやすさに配慮した新感覚のスイーツを提供します。

EASY KITCHEN WORKSHOP[イージーキッチンワークショップ]

噛むこと、飲みこむことが困難な方でも楽しめる、飲みこみやすく、やわらかい食事の料理教室やセミナーを定期的に開催しています。

EASY SELECTION[イージーセレクション]

約100種類のやわらか食や、便利な食器などのセレクト商品を販売。管理栄養士がお客様のお口の状態と栄養バランスを考えてお買い物をお手伝いします。

Kamulier SUPPORT[カムリエサポート]

お口の健康をサポートする商品を豊富にそろえ、口腔のセルフケアや義歯のお掃除など、歯科衛生士が商品アドバイスと生活サポートを行います。

医療や食の専門家が集って、幸せな時間を創造しています。

パティシエや歯科衛生士、管理栄養士、介護関係者など、さまざまな分野の専門家が集って、噛むこと、食べることの楽しさを創造する場所。それがカムリエです。店長を努める私自身がパテシィエと歯科助手の経験をもっており、それぞれのスタッフから意見や思いを聞き取りながらお店を運営しています。
たとえばクリスマスや誕生日の時、お口の機能が低下した方でも、ケーキが食べたいものです。そんな方のために、飲み込みやすいケーキを開発してお届けしたり、家族みんなで食事ができるようセミナーなどで食べやすい調理法などを発信するのが、私たちの仕事です。カムリエの試みが大きくひろがり、もっと多くの方に噛む、食べる楽しさを提案できるようがんばります。