活動報告2

  1. トップ
  2. CSR報告書2017
  3. 活動報告2 ステークホルダーとのコミュニケーション

活動報告2 ステークホルダーとのコミュニケーション

パートナーの皆様とともに

歯科医療関係者の皆様に製品の正確な情報を伝えたり、製品に対する生の声を聞いて次の製品開発に活かすために、特約店や代理店などのパートナーの皆様との連携を大切にしています。

パートナーへの専門教育サポート
[ ジーシー独自のデンタルカレッジ ]

特約店デンタルカレッジでは、若手社員の方々に歯科知識や製品の使用方法についての見識を深めていただくため、製品の基礎知識を学ぶ講座を全国各地で毎年開催しています。また、代理店デンタルカレッジでは、東京と大阪の2ヵ所で開催。臨床家の先生による歯科材料の特性の勉強や、外部講師による販売の実践的な講習を実施しています。ジーシーでは、デンタルカレッジを通じて、パートナーの皆様に正しい医療技術や詳しい製品情報をお伝えしながら、お客様一人ひとりの声のフィードバックをお願いしています。

物流システムの改善活動

物流システムについて、全国のパートナーから客観的な評価をいただくため、物流システムに関する満足度調査を定期的に実施しています。配送トラブル、荷造梱包など8項目の個別評価と総合的な評価を調査しています。調査で浮かび上がった改善要望を的確に解決するために、運送会社やシステム機器メーカーなどの物流協力企業とジーシーが協業して、多様化するお客様ニーズに応え、満足度の向上を図っています。海外ジーシーグループ会社の物流部門でも同様の調査対応をしています。
また、海外における関係法令を含め、改正薬事法、個人情報保護法など市場環境の変化にも迅速に対応できるグローバルな物流システムの構築をめざしています。

技術情報の提供
[ 特約店技術講習会 ]

高性能、高機能化している歯科医療機器を安心・安全・有効にお使いいただくため、より迅速で的確なサービスの提供をめざし、特約店向け技術講習会を開催しています。2017年度は10回開催し、146名が受講しました。

[ パートナー向け専門サイト「Greenページ」 ]

ジーシー製品を安全に使うための適切な手順や使用方法などをわかりやすく紹介しています。新製品や製品販売中止などタイムリーな話題を素早く発信することができると喜ばれています。

ジーシーの社員の行動にも学びたい。

株式会社UKデンタル
慶田 隆 社長

ジーシーには、社内に限らず、社外のわれわれディーラーの社員教育にもとても協力していただいており、ありがたく思っております。また、ジーシーの営業の方々が数字の目標だけでなく、行動目標を立てて、それにチャレンジしておられる姿はとても参考になります。数字だけでなく行動そのものの改善をうながし、人材を育成されようとしていることはとても良いことだと思います。QOLの大切さがマスコミなどでも取り上げられるようになってきた昨今、ジーシーにはQOLの高い健康長寿社会を実現するための活動を期待しています。