活動報告1

  1. トップ
  2. CSR報告書2017
  3. 活動報告1 製品・サービスを通じた健康長寿社会への貢献

活動報告1 製品・サービスを通じた健康長寿社会への貢献

ユーザーへのサポート

人々の口腔健康の向上をサポートするために、ジーシーでは歯科医師をはじめ歯科技工士、歯科衛生士の皆様へ、さまざまな形で情報提供を行うとともに、最新の学術・歯科臨床について情報交換を行っています。
ジーシーでは、今後もこうした連携を密にして、歯科医療の発展に寄与していきます。

「GC友の会」の活動

ジーシーには、歯科医療従事者の方々を対象とした会員組織「GC友の会」があります。この会は、1956年に「而至友の会」として誕生。以来、設立60年目の現在に至るまで、臨床歯科医師と歯科材料製造者が唇歯輔車の関係を構築し有益な情報を共有することで、歯科医療の新時代の研究や新製品・新技術をより発展させるべく、画期的なビジネスモデルとして歯科医療を積極的にサポートし続けています。
現在、日本国内の約半数の歯科医院が会員で、韓国や台湾でも同様の組織を展開しています。また近年では、超高齢社会に対応した情報発信として、高齢者や有病者の患者さんへの歯科臨床や対応方法について、講演会などを通じて積極的に情報発信を行っております。

[ 新製品情報の提供 ]
  • 一般発売に先駆けた新製品紹介
  • 会員誌「ジーシーサークル」での新製品による最新臨床情報の提供(年4回発行)
[ 学術情報の提供 ]
  • 学術講演会やシンポジウムの開催
  • 「 GC友の会」コミュニティの活動
  • 患者説明用ツールの提供
    「デンタルなぜ?なに?」「スタッフマナーガイド」など
[ 臨床テクニック・医院スタッフ教育 ]
  • 講演会、GCセミナーの開催
  • Webサイトでの情報提供、セミナーの開催
[ ホームページでの情報発信 ]
  • 「会員専用ページ」では、日常の臨床場面で役立つ情報やツール・素材集などを閲覧・体験・活用できるコンテンツとして、学術的臨床動画の配信を行っています。また、最新の学術情報をリアルタイムで提供するメールマガジン「GCインターネットだより」は、現在2万7千名を超える方々に利用されています。

ジーシー創業95周年「GC友の会」60周年記念イベント

2016年5月20日、ジーシーはGC Corporate Centerにて「ジーシー創業95周年・GC友の会創立60周年記念Program1Dr. Iñaki Gamborena Special Hands-on & Lecture」を開催しました。 臨床家の先生方にご参加いただき、Iñaki Gamborena先生から直接アドバイスをいただきながら、形成の模型実習を行い審美歯科治療に必要なテクニックの習得を図りました。2016年11月には、「 ジーシー創業95周年・GC友の会60周年記念 Program 2」として、第4回国際歯科シンポジウムを開催しました。歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士、スタッフの皆さまに参加いただけるさまざまなプログラムや魅力あるイベントを多数用意し、大変好評でした。

「お客様窓口」による活動

ジーシーでは、歯科医療従事者様からの製品関連のお問い合わせ窓口として「お客様窓口」を設置しています。ジーシーフリーダイヤルとして1993年に発足して以来、主に製品の取り扱い方法・物性・仕様・価格などのお問い合わせに対応しています。お問い合わせ件数は発足当時に比べ50倍に増え、内容も多岐にわたる中、歯科医療従事者様はもとよりエンドユーザーの皆様までを視野に入れた、ジーシーの最前線基地としての機能を果たしています。ホームページの「製品Q&A」などのさらなる充実を図り、いつでもアクセスできる媒体による情報提供も強化しています。

「みんなの利益」を追求する歯科医療の発展のために。

千葉県浦安市 医療法人社団新浦安歯科医院 院長
渡邉 嘉一 先生

私は開業以来、GC友の会に入会しており、いつも新製品情報や会員誌を楽しみにしています。日常臨床で使用する製品の情報や評価は本当に助かります。ジーシーはドクター向け、衛生士向けなど幅広くセミナーを開催しているので、スタッフ全員と情報・知識を共有できるよう、よく参加しています。今後高齢化が進み、より患者さんにやさしく、性能のよい製品を使ったよりよい治療を提供する必要があります。「誰かの利益」ではなく「みんなの利益」を追求する歯科医療を発展させるために、GC友の会をさらに充実した存在にしていただきたいと思います。